読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタログ

光と影の越境者

さらに、似ているのは見た目だけなので、 LX100 は、びっくりするほどデジタルカメラなのに対し、 X-Pro1 の方は、いかにもカメラといった感じです。 画質はX-Pro1 が圧勝といいたいところですが、 LX100 をコンデジ扱いするのはNGです。 X-Pro1 は、既に5年…

コンデジズームの設計

さて、肝心のLX100の描きだす画像について これは何を基準にするかで評価に少し差が出来ます。 お家の場合、LX5の代替機となるので、 完全に土俵の違う描写性能です。 LX5君の名誉のために付けくわえると、 彼はCCD搭載の最後のハイエンドコンパクトなので、…

Kindle Unlimited

今月いっぱいぐらいまでだと思うけど、 アマゾンで雑誌99円セールを開催しています。 カメラ雑誌はかなり重たいので、 バックナンバーの保存には便利です。 ところが、Kindle Unlimited がスタートして、 ほとんどが読み放題に指定されてしまったことで、 割…

ToyViewer

このソフトは、かなり神様の領域です。 もしかしてToyViewerさえあればWindowsいらないかも。 多彩な入出力フォーマット、 軽やか過ぎる、無駄のないソフトです。 「Microsoftは開発者のことを愛している」 そうですが、 「Appleは開発者に愛されています。…

コルリ鳴き

今回のメインターゲットは、 コルリにすることが決まっています。 人前にお展示するようなものではないのですが、 びびりまくりで撮影している様子を思いだして懐かしいです。 ド派手で美声のオオルリ君にくらべると、 控え目な杜若色もしくは露草色の、清楚…

Manfrotto 035BN

Manfrotto Photo Supports というカタログを見ていたら、 ビノキュラースーパークランプ 035BN という製品が掲載されていました。 かなり欲しいです。 hydrornis.hatenablog.com の、 ビノホルダーよりも直感的な商品です。 KOWA TSN-IP6 を接続する場合だと…

新製品のカタログ

新製品のカタログは、 現在では発表とほぼ同時に、 PDFで見ることが可能になっていますが、 カメラのカタログは、特別な意味があるので、 実物を楽しみに見ています。 FUJIFILM X-Pro2 , X70 , Nikon D5 , D500 のカタログが今手元にあります。 Nikon D500 …

はじめての FUJIFILM X-A2

今年の2月、X-A2の発売直前に、 hydrornis.hatenablog.com で紹介した X-M1とX-A1の小さなコミックサイズのカタログ X-A2版もあるのを発見しました。 中身はあまり変わっていないようにも見えるのですが、 両方をくらべてみると、ちゃんとX-A2のポイントが …

XF Lens Series

FUJIFILMのレンズカタログは、 http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/pack/pdf/lenses_accessories_catalogue_01.pdf 今では、X MOUNT LENSES & ACCESSORIESという A4サイズの立派なカタログになっていて、 最初の見開きページには、20本のレンズが並…

Made in Thailandが誇る、信頼のX-T10。

FUJIFILM X-T10 のカタログを見てて 何かいつもと違うような気がしていたのですが、 足りないところを見つけてしまいました。 Made in Japanが誇る、信頼の品質。 の、カットがないのです。 各部名称のBOTTOMの部分を ルーペで良くみてみると、 MADE IN THAI…

初めての双眼鏡を選ぶときのポイント

これは、ほとんどの双眼鏡のカタログに かならず載っていると思うのですが、 例えばニコンだと、 http://www.nikonvision.co.jp/how_to/guide/binoculars/choosing/choosing_01.htm のような内容となっています。 掲載時期によって、多少違いがあって、 2012…

FUJIFILM X-T10のカタログ

FUJIFILM X-T10の方は、 平成27年6月25日より発売なので、 ほぼ理想的なタイミングで出荷されます。 これはスケジュール通りですから 2015年2月26日発売のCOOLPIX P610 の翌週に Nikon COOLPIX P900 を続けて発表したニコンの 素早い決断の方を、賞賛すべき…

Nikon D7200

Nikon COOLPIX P900 と同時発表だったので このブログでは、影に隠れた存在になっていましたが 一眼レフカメラは写真を撮る雰囲気にさせられます。 いつものフィールドだと、Canonが多数派で、 Nikonは意外と少なく、CanonはEOS 7D Mark II が多く APS-Cモデ…

コンデジで鳥撮

コンパクトデジカメでも鳥さんの撮影はできます。 ツグミンです。PowerShot S3 IS で撮影していますから、 35mmフィルム換算で432mm相当になります。 この時期なら、ちょっと広めの公園とかに行けば、 わりとウロウロしています。体長も24cmクラスだから 見…

カメラのカタログ

写真展とかで小さなギャラリーを見るのは楽しい。 地元の人が撮った、ほんわかしている写真はなんだか優しい カタログに載っている写真は、どれも素晴らしいけれど、 その機種の特徴を伝えたりする目的があるから どうしても作品じゃなくて、作例として見て…

はじめてのX-M1 & X-A1

いつどこでもらったのか忘れてしまいましたが、 FUJIFILM X-A2 が発売されると、たぶん店頭からなくなるので、 実物がみたい人は急いで近所のお店を探してみてください。 <a href="http://www.comipo.com/about/…

窒素充填

カタログの良いところをもう一つ追加すると、 双眼鏡以外にも色んな商品が掲載されているので 普段なら注目しないものに興味を持ったりするとこかな。 スコープ、実体顕微鏡あたりはカメラとの組み合わせもできる。 ルーペはまだわかるけど、コンパスとか望…

6倍のビクセン

性能を知るための手がかりとなるのは、個別の商品ではなくて 各シリーズごとにある紹介文です。ここにはコーティングのレベルや レンズやプリズムに何の材料が使われているとか防水仕様なんかが 書かれていて、これらのキーワードから各社のグレードがわかり…

SEE THE UNSEEN

スペックシートの数値は、設計上の理論値であったりもするので ちょっと雑過ぎるけど、商品をイメージするための参考程度にします。 カタログの最大の見どころは、見開きの最初の部分で、 特に海外メーカーのものは面白いです。その一例を少しだけ転載します…

カタログの眺めかた

紙のカタログは最近少なくなってきましたが、 双眼鏡のカタログは見ているだけでも楽しくなってきます。 カメラのように大々的に発表されるわけではないので ニュースリリースもひっそりとしたものです。 ほとんどのカタログには基礎知識にようなものが載っ…