スコープ

魅力的な被写体

デジカメの登場以来、最も多く撮影されている鳥さんは、 たぶんカワセミだと思います。清流に生息する幻の青い宝石の イメージが多くの人にあるのですが、現在では都市部でも見つけられる とっても身近に存在する、美しくて逞しい小鳥です。 スコープ撮影 F4…

どこにいるの?

3月になると、いつもの公園にもレンジャクが入るので、 その情報を探してたくさんの人がやってきます。 さて、どこにいるでしょうか? 今年は数が少ないですが、数年に一度大量にやってくることがあり、 上の写真はその年に撮影したスナップというか証拠写真…

神秘の泉に守られて

2017年度は、東京近郊でも夏冬ともに異常気象で、 極端に暑い日や、寒い日が多かったです。 この場所は基本的には一年中かなり暖かいところです。 季節は、乾季、暑季、雨季に分類できますが、 明確な境目はわからなくなっています。 昨日の写真は突然のスコ…

優雅な観測

お家のカメラの交換レンズがあんまり増えないのは、 デジカメ以外の光学機器に類する類もかなり頻繁だからです。 双眼鏡だけに限っても、毎年2台ぐらいは増殖していると思われます。 双眼鏡の基本設計が飛躍的に向上することはあまりなく、 ほとんどはイベン…

Kowa TSN-664M PROMINAR

Kowa TSN-664M は、 最も扱い易いスコープとして知られています。 正確な記憶ではないのですが、原形はかなり前からあって、 色違いの663と、ED78で悩んだ記憶があります。 664は、スコープの師匠が世界中の有名フィールドで実績を上げていて、 観察だけでは…

運命の出会い ( = 衝動買い )

東京には危険な場所がいっぱいあります。 この場合の危険は命にかかわることではなくて、 中古の光学機器を扱うような有名店が多数存在します。 実はまた行ってしまったんです。 ネットで探した方が選択肢も多いとは思うのですが、 実店舗はどんなテーマパー…

安心のベルボン三脚

フィールド・スコープを使うので、 お家には、三脚に類するものがとっても多いです。 まずスコープ専用の三脚だけでも3つあり、 すべてアルミの旧式なのですが、 壊れてもベルボン様がパーツを供給してくれるので、 ふたたび直して使うので見た目ぼろぼろで…

夢の記憶

昨日はとても長い夢を観ました。 夢というのは、叶えたい事ではなくて、 眠っている時の物語の方です。 蒼い鳥はこのブログのイメージ 昨日というか、今朝まで寝たり起きたりを繰り返していたのですが、 再び寝ると今週の予定に大きく影響がありそうなので起…

コレクターの心境

今日のエントリで、継続1,111日になった模様です。 記念日とか限定とか、数字が並んだだけでも縁起が良さそうです。 なんかもう毎日思いつきで書きなぐっている状態ですが、 明日からは少し環境が変わるので平常になりそうです。 国内旅行は車で行ける日帰り…

購入前にする大切な儀式

国内の観察拠点には車を利用するので、 機材の重さはそれほど気にぜず体力と相談なのですが、 海外遠征の場合、選択が必要です。 パソコンとか最悪壊れても仕方ないというか、 それなりに注意して荷造りをしています。 ロストバゲージ対策は、なるべく直行便…

Kowa TSN-553 / TSN-554 PROMINAR

昨日、キヤノンの新製品ちょっと高すぎじゃないの? と意見しているのだけれど、 さらにお高級なスコープの紹介です。 www.kowa-prominar.ne.jp すごくちっちゃいです。 そんでもって、お値段なんと20万円! アイピースは固定式で、重さも約800gの軽量スコー…

現役で(?)稼働している双眼鏡

特に誰かが褒めてくれるわけでもないのですが、 Hydrornisの日記(このブログ)は、本日で継続1,000日になります。 ということで、現在使っている双眼鏡リスト公開です。 主力双眼鏡 サポート双眼鏡 その他 スコープ ニコンフィールドスコープ ED78-A - Hydr…