読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイビング

お気楽ダイビング

リゾートアクティビティの花形はダイビングです。 事前の調査も大切なポイントなのですが、 インストラクターにスキルレベルを正確に伝えておくのが安心です。 水中で呼吸をしているだけでも楽しいので、 かなりの浅瀬ファンなのですが、 ほどほどの距離はボ…

水中ハウジング

キヤノンは今でもハイエンドコンパクト用の 水中ハウジングを用意してるんですね。 CANON WP-DC55 CANON WP-DC53 どちらも、PowerShot G シリーズ Mark II対応品です。 CANON WP-DC53 は、1.5型大型CMOSセンサーなので、 OLYMPUS や、Nikon 1 シリーズに対抗…

ダイビングのスタイル

ダイビングは、最初にどこでライセンスを取得したかによって、 その後のスタイルに大きく影響を与えます。 プロのインストラクターではないので、 アドバイスではなく、いつものように感想なのですが、 レジャーダイビングに限定するのならば、 最重要スキル…

リゾートダイビング

その後、ビデオ撮影も可能な 大型のユニットも入手したのですが、 かなり重装備になってしまうこともあって、 ダイビングよりも全天候型カメラとして利用されています。 リゾートに持っていくのは、 WP-DC300 と、NB-2LH が共用で使えるカメラの 最小構成を…

クマノミ君

ようやく翌年になって、 デジカメの水中ユニットを手に入れます。 ダイバーの定番となっていたオリンパスではなく、 ウォータープルーフケースWP-DC300 です。 PowerShot S30 と、S45 が常用のデジカメだったので、 最初から2台体制で安心して使えます。 画…

CANON Autoboy D5

なかなか諦めることのないタイプなので、 水中写真の撮影にはその後もトライをしています。 この画像は、フィリピンのボラカイ島なのですが、 中央下の部分に、オートボーイD5と思われるカメラが写っています。 もしかすると北米仕様の、SURE SHOT A-1 だっ…

ドリフトダイビング

フィリピンのマクタン島(セブ)は、 ほとんどが、潮の流れに乗って進むドリフトです。 マリンアクティビティの安全性については、 技量と同様に、個々で判断をするしかないのですが、 優良ショップの選択をきちんとしておくことがとても大切です。 この時に…

ボートダイビング

今日からまたちょっとだけ 現実逃避の時間の旅、フィルム編です。 わりと近年までフィルムで撮影をしていたのは、 水中写真だったように思えます。 この写真は、ダイビングショップの機材を使っています。 ハワイオアフ島の西部マカハのスポットです。 通常…