読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋内双眼鏡

そういうカテゴリーがあるわけじゃないけど、

屋内でも使いやすい、小さくて、軽くて、低倍率の双眼鏡。

もちろん無限遠にもピントが合うから屋外でもつかえるけど、

服を着替えるように目的に合わせて双眼鏡もとりかえると

気分も変わって違うものに出会える気がする。

 

日本で一番売れているのは、たぶん20mm級です。

だからたくさんの製品があって競争も激しいので値段も

安いのがあるから買い易いしカラーも豊富です。

一方でここで紹介している個性的な双眼鏡は種類が少なく

小さいのにちょっとお値段は高めに感じるかもです。

ヨドバシ.com 1月29日の販売価格

  • Vixen マルチモノキュラー 4×12  ¥7,090
  • Vixen HF 5×17 SG  ¥9,430
  • PENTAX Papilio 6.5×21  ¥10,560
  • Nikon 遊(ゆう) 4×10D CF  ¥12,730

遊以外は、かなり古くからある商品なので価格もこなれていて

そんなには高くもない気がするかもだけど、実物をみると

とても小さいので、やっぱりちょっと高いかもという微妙なところ

これらの商品は最初の一台に選ばれることはあまりないので、

出荷台数が少なくてどうしても単価が高くなってしまうのです。

でも複数の双眼鏡を持っている人が追加購入する商品なので、

それなりの性能と個性が明確にあって、そのことをわかっていれば

最初の一台であっても、決して後悔しない素晴らしい商品です。