読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vixen アトレック HR 8×25 WP

お財布と相談しながらも良い双眼鏡がほしい部門

前回の、KOWA BD 25-8 GR は予算が2万円ぐらいのコース

ヨドバシではポイントが付くので2万円を超えてるけど、

会社で稟議書や請求書を用意して購入するわけじゃないし

だいたい2万円です。一所懸命探せば、例えば立派な専門店でも

天体望遠鏡、フィールドスコープのことならネイチャーショップKYOEI

販売価格 : 18,000 円(税込19,440 円)とかで売っています。

双眼鏡はどこで買うのかもすごく大切な商品なので、ぜひこだわって

納得のいくまで見て触って納得の価格で買ってください。

 

今回は予算が1万円ぐらいの、Vixen アトレック HR 8×25 WP

既に生産終了品で、ヨドバシ.comでは一時販売終了となっていましたが、

今は復活しています。これも例えばビックカメラ.comだと、

ビック特価:9,980円 (税抜)ビックポイント対象外 となっていて

ぎりぎり予算内です。とにかくこの商品は最後のチャンスです。

 

アトレック HR 8×25 の特徴は、たぶん25mmの小型双眼鏡として設計

されたわけではなくて、8×32 の方が基本型でそれをわざわざというか

良心的にも値段が安くなる25mmの商品として販売されていることです。

なので余裕があり、実視界も7.0°あってこの点でも使いやすいと思います。

同一シリーズであっても、高級機であれば20mm級は値段が半分以下に設定

されるほど、20mm級と30mm級では差があるので、このパターンの製品は

貴重な存在であり、売る方にも買う方にもメリットがあるのです。

金型一つ作るだけでも大変なお金がかかりますから、大量に販売するか

その分を価格に転嫁するか何らかの対策をしなければ赤字になってしまいます。

 

また話がはずれてきましたのでもどります。

20mm級の利点を逆手にとったというか、この商品は32mmと同じなので

適度な重量と大きさでちゃんとホールドできるので手ブレを抑えられるし

実視界も無理せず広くなるので良いことばかりです。ほとんど変わらないので

素直に8×32 を買えればいいけど、8×32 の方は確か18,000円ぐらいします。

新製品のATREKII(アトレックツー)は、実視界も7.5°に広がりますので、

新しいもの好きの人はぜひくらべてみることをおすすめします、ちなみに、

ヨドバシ.comで今見たら、8×25 が16,480円で8×32 だと22,550円になってます。

この差は同列にくらべるとおかしなことになるので、別商品と考えます。

 

一気に、Vixen アリーナ M 8×25 までいこうと思ったのですが、

これはこれでまた特別な双眼鏡なので、今日もまたここで次回に続きます。