読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Leica Ultravid 8 x 32 HD

値段なんて特に気にしなくても良いなら部門

最初の紹介というよりも、ライカのために作ったような区分で

本日の双眼鏡は、Leica Ultravid 8 x 32 HD です。

それではまずライカの魅力とは...

無理でした。

 

とても有名なフォトグラファーの歴史的な名作が、

今も人々の心の中に残っていて、それを撮影した機材は

いつもライカであり、日本では特にレンジファインダーの

人気が高くて、現在でも多くの人たちを魅了し続けています。

 

この程度が限界です。野鳥の撮影でライカを使ってる人はまずいない

と思いますけど、鳥のいる風景であれば素晴らしい作品もあります。

でも、ここでは双眼鏡に関してだけ着目することにいたします。

探鳥地に行くと、ライカの双眼鏡を持ってる人は結構多数います。

知り合いの人やガイドさんなら、フィールドでも気軽に見せてくれるので

その時に、どうしてライカなのかを尋ねると答えは大体決まっていて

すごく要約すると、なんとなく気に入っているから、みたいな感じです。

 

このあたりが、カメラと双眼鏡の決定的な違いです。

ライカの双眼鏡を使っている人は、ほぼ例外なく複数台所有しています。

状況によって使い分けたり、ご夫婦で参加している方々が多くいて、

色々と見比べたりもして、いくつか買ってみた結果しっくりくるのが

ライカの双眼鏡だったというのが、上記の答えとなっているのです。

 

Ultravid 8 x 32 HD は、このクラスとしては比較的軽量な535gです。

性能だけを追求するなら、42mm級でもあまり値段が変わらないのに

敢えて32mmを選択するのは、重量や寸法はこだわりの大切な要素で

自然観察のスタイルとして、優先度が非常に高いことがわかります。

 

見え方については、今さら申し上げることは何もないです。

これがライカの見え方と言われれば、まさしくおっしゃる通りです。

念のためですが、この双眼鏡は思ってる以上にコンパクトで、

利用者によってはやや窮屈な印象に感じられるかもしれません。

使い手を選ぶあたりは、さすがライカといったところでしょうか。

 

昨年のフォトキナで、Ultravid のHD-Plus というのが紹介されていて

すでに製品化してると思っていたのですが、日本での取り扱いは、

まだ見たことがないです。気になる人はライカストアで確認した方が

いいと思います。42mmと50mmにはすでに商品コードがあります。