読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SWAROVSKI EL8×32 SWAROVISION

値段なんて特に気にしなくても良いなら部門

30mm級ガイドのラストを飾る双眼鏡は、

SWAROVSKI EL8×32 SWAROVISION です。

スワロはわかりやすいです。

ガラス職人ダニエルの御子息様が野鳥観察ために設立した

チロル州アブサムにある光学機器専門の工場で製造されていて

マニュファクチャーなところが魅力のひとつです。

 

日本では、クリスタルルースがハンドメイドアクセサリー

の代名詞のように用いられて、とっても有名なのです。

デコ電です。デコスマのほうがわかりやすいでしょうか

少し前はスワロ自らが、デコ双、デコビノを販売してました。

クリスタル・オペラグラス・ライン

Pocket 8×20B Crystal BLACK , GOLD , SILVER

各種を本当に売っていました。見たことはありませんが、

HERMES とのコラボ商品という伝説的なものも存在します。

 

ライカとは一見対極の存在にみえるスワロフスキーですが、

双眼鏡に関していえば、ライカの魅力というのがわかる人なら

スワロがどれほど作り込まれた製品なのか理解できると思います。 

美しいです。それは単なる外観の美しさに対するものではなく

優れた自然観察の道具となる事を目指して徹底的に追求した結果

光学的性能も含めて、自然の成り行きで美しくなってしまった。

というエピソードがいつかカタログに載るかもしれません。

 

デザインは好みの問題なのですが、SWAROVISION になる前の

ELシリーズの方が、優しくて包み込むような豊かな曲線で魅力的

な印象を与えていましたが、現在では直線を基調としたシンプルで

近代的なデザインとなっています。EL8×32 SWAROVISION は、

42mmがステップアップした以上に大きくジャンプアップしていて

光学的レベルでも、もはやEL8.5×42 の軽量版の存在ではなくて

SWAROVSKI EL8×32 SWAROVISION という名で選ばれる製品です。

 

これ以上は、もしかしたら来月あたりに公開するかもな

40mm級ガイドに影響するので、ほどほどでとめておきます。

EL8×32 SWAROVISION のカラーリングは、グリーン1色ではなく

もう1色、サンドブラウンが用意されています。

ここまでの気配りができるのは、とてつもない自信の証しでしょうか。

お判りかと思いますが、カラーを選べることはたくさんの意味があって

この商品を誰に買ってほしいのかを明確にしているのです。