読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30mm級双眼鏡ガイドを振り返って

30mm級ガイドを改めて読んでみると、

機種によってばらつきがあるというよりも、

書いた日の気分によって表現にかなり差があります。

双眼鏡ファン(複数台所有者)の方であれば、

そのあたりのお菓子な部分も笑ってみられることでしょう。

たまたま該当機だけを持っている方の場合、

それがあまりにもあっさりし過ぎていて物足りなく

感じられるものも幾つかあったかと思われます。

 

でも通常の生活をしている人は、双眼鏡なんて持っていない

もしくは、小型のものを1台だけ所有している場合がほとんどで

たぶん30mm級ガイドにあるような機種を持っている人は、

おそらくはそれだけでも普通の人とは違うと考えられますから

既に所有機の魅力については十分に理解されているはずです。

 

これから双眼鏡を購入しようと考えてる人であれば、

何かしらの部分はきっと伝わる可能性があると思いますけど、

まったく興味のない人には現実味のない話に見えてしまいます。

このブログを見たすべての人に、お気に入りの双眼鏡との出会い

があったらいいなと思って書いているので、運よく辿りついた人が

見て購入を検討する最初のきっかけになることができるかどうか

ぎりぎりのレベルで、もう少し丁寧な解説の方が良かったようにも

思えるのですが、これでもかなり頑張ったつもりなのです。

 

リスト公開後いきなり販売終了してしまう商品もあったり、

個別の感想を綴ったその日に、価格改定のお知らせが入ったり

一番びっくりしたのは、くまモンのライカM特別限定モデルです。

ライカが限定モデル大好きなことは知っていましたが、

まさかくまモンとのコラボレーションを実現させてしまうとは

くまモン恐るべしです。

 

30mm級双眼鏡ガイドは、全15機種の紹介だったので、

それなりのボリュームもあって、少し長く感じましたが、

書いている間はとても楽しい時間で、資料の整理も含めて

PC環境の再編をすることになり、結果消失していたデータを

再発見したり嬉しいこともありました。今年はフィールドに

あまり行くことができなくて、ちょうど良い機会だと考えられる

ようにしたかったので、有意義な過ごし方であったと思います。