読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンズ一体型超望遠デジタルカメラ

今週もまた日曜日がやってきました。

ここで4週連続、Nikon COOLPIX P900 をタイトルに入れると、

大変なことになりそうな気もするので今回はやめておきます。

でもひょっとして、実物を持ってない目線がおもしろくて

楽しみにしている方がいるのだとしたらと思うと、

少々残念な気持ちにもなってしまいます。

 

何しろ、このブログの訪問者の半分ぐらいの人は、

Nikon COOLPIX P900 を見ているような状況なのです。

Yahoo!検索ルートに限定すれば、アクセス先ページの

1〜4位を独占です。時間順に並べてると以下の通りです。

 

Nikon COOLPIX P900 - Hydrornisの日記

Nikon COOLPIX P900 を見にいったよ - Hydrornisの日記

Nikon COOLPIX P900 について - Hydrornisの日記

Nikon COOLPIX P900 の作例を見た感想 - Hydrornisの日記

 

早く買っちゃいなさいよ!

と応援してくれる人もいるので目安を説明すると、

本当に購入をしたかどうか判断することはわかりやすく

たぶんその時は、ブログの更新がしばらく止まるはずです。

 

お家にある機材でも、広角にも強いデジカメ、

高倍率ズームデジカメ、一眼のデジカメ、デジスコと揃っていて

デジスコ撮影なら、75倍接眼を使えば画質はともかくとしても

合成焦点距離7500mm相当の撮影をすることは可能なのです。

それをたった一台でカバーして、しかも三脚なしでもOKな

COOLPIX P900 が便利そうなので、大注目をしていることは

間違いありませんが、目標がはっきりしている場合は、

使い分ける楽しみというのもあるので微妙なところなのです。

 

カワセミの通り道 - Hydrornisの日記 が、2160mm相当

はじめてのデジスコ - Hydrornisの日記 だと2375mm相当

でも、十分満足のいく表現ができる環境にあることも、

踏み切ることができない要因にはなっているのです。

 

それでもいつかはきっと購入するはずだと思いますので、

それが今なのか、もっと先になるのかは良くわからないです。

その時、どんなデジタルカメラが登場しているのかは、

現時点でははっきりしてないけど、想像しているだけでも

とても楽しくなります。もちろん、COOLPIX P900 を持って

森の中にいる空想の時間も、頭の中では何度もしています。