読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40mm超級サポートガイド

40mm超級双眼鏡の進捗 - Hydrornisの日記 でも

書いているように、40mm級双眼鏡は選択肢が色々あって

予算で並べてしまうのが一番簡単な方法なのですが、

次々と買い増していくのも楽しいけど、

出来れば良い物を長く使った方が無駄も少ないから

かなり思い切った選択になってしまいました。

 

今回は5機種にしましたが、各機種の中で類似の製品も

幾つか登場するので、それも参考にしていただければ 

選択の範囲も広がると思いますので、お店に行った際の

最終的な判断は、自分の目で見たことを優先してください。

 

40mm級は天文分野で活躍することの方が多いぐらいで

一台で何にでも使える本格的な双眼鏡を探してはいるけど

決めかねているという人には、まさに的確な選択なので

多少の重さが許容できれば、屋内コンサートとかでも

そんなに目立つことなく使えます。実際暗い舞台などには

42mmを持っていくこともあり、特別な違和感はありません。

 

ヨドバシ.com 4月11日の販売価格です。

リストをどんな風にみると幸せなのかについては、

hydrornis.hatenablog.com の一覧から、特に下の2つあたりの、

20mm級サポートガイド - Hydrornisの日記

30mm級双眼鏡の進捗 - Hydrornisの日記

注意書きをもう一度よく読んで、正しくお楽しみ下さい。

 

今回は部門別に分けるほど台数がないので、

性格がとても異なるところにだけ行間をおいてます。

 

KOWA コーワ BD42-8XD ¥42,990

Nikon MONARCH 7 8×42 ¥45,680

 

CANON 10X42L IS WP ¥138,310

SWAROVSKI EL8.5×42 SWAROVISION ¥330,510

 

フジノン 10×50 FMTR-SX ¥74,890

 

何だか統一感のないセレクトになっていますが、

どれも目的にマッチしていれば、現行では理想的な

光学性能を有しています。最後の一台は伏せておこうと

思ったのですが、特別出演として載せておきます。