読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOWA BD42-8XD PROMINAR

40mm超級双眼鏡

40mm級双眼鏡、まず最初に紹介する一台は、

KOWA BD42-8XD PROMINAR です。

 

この双眼鏡は、42mmとは思えない小ささです。

実物を並べてみれば、同社の32mmよりは大きいですが、

ぱっと見だと42mm級の双眼鏡だとわからないです。

でも持ってみると、その密度の高さを実感できる重量です。

 

XDガラス(EDレンズ)、マグネシウム合金、

C3コーティング(誘電体多層膜高反射率コーティング)、

位相差補正コート、KRコーティング、最短合焦距離1.5m 等々

最新の技術や、高級機の要件をすべて満たしていて、

まったく隙がみつかりません。

 

敢えて、ウィークポイントを見つけようとすると、

コンパクトボディを実現させるための対物レンズ構成ですが

コーワの技術力を持ってすれば、各収差の補正も適切ですから

この価格で、これ以上の性能だとGENESISとの棲み分けが難しく

重箱の隅をつつくような視点でカタログの説明を読むと、

「PROMINAR」の名に恥じない見え味、と書いてあります。

「PROMINAR」の名にふさわしい見え味、ではないところが

コーワ自身、GENESISに対する配慮がうかがえます。

 

はじめての双眼鏡を検討する場合、4万円はかなりの高額です。

何度もいってますが、双眼鏡はどこのお店で購入するかが

すごく大切です。これは単に的確なアドバイスがもらえること

だけではなく、もし万が一製品に不具合があったような時に

きちんと対応してくれる事の方が重要で、ちょっと安いぐらいで

良くわからないような通販専門のショップで購入するのは

絶対にやめたほうがいいです。双眼鏡を購入するお店として

ヨドバシカメラがベストとまでは断言できませんが、

実物が比較でき、BD42-8XDのような売れ筋の商品なら

在庫も幾つかあり、所有機となる個体そのものを確認することも

可能で、やはり人から人へ直接手渡しで購入できる安心感は

高額で繊細な商品になるほど、お店選びも重要なポイントです。

 

肝心の見え方については、ほとんど違いを見つけることが難しく

昼間の自然光下で見た場合は、同社のSVよりはだいぶ見やすく感じ

GENESIS だと見え方自体は思っているほどには開きがなくて、

性格の違いがわかるかどうかといったぐらいの印象です。

 

実機を覗く時に一番注意するのは、見口と目の相性をチェック

することです。どんなに素晴らしい光学性能の双眼鏡であっても

これが合わないと使いにくいです。アイレリーフが長い双眼鏡は

適応範囲が広いですが、瞳がわずかに動くと対象が見にくいものも

あります。これとは逆のパターンで、誂えたようにぴったりの

双眼鏡もあるのです。ぎゅっと押し付けるように固定をする人と

わずかに浮かせた方が使いやすい人だと5mmぐらいの差があるので

せっかくお店に行ったのなら、この部分は試したほうがいいです。

 

メガネを使用する人は、アイカップを少し出すことで調整できますが

裸眼の場合、完全に浮いた状態までしかカップが出てこない機種だと

重さがとても気になるので、そのことも含めて良く確認をしましょう。

 

ちょっと長くなってしまいましたが、

これよりもう少し安い価格帯の商品や同じような性格で、

次に紹介する、Nikon MONARCH 7 以外のものを挙げておきます。

 

Vixen ニューフォレスタ HR 8×42WP ¥21,370 ブリッジタイプ

PENTAX SD 8×42 WP ¥29,660 最新モデル

Minox BV 8X42 ¥48,600 ドイツ製 780g

 

この5機種の見え方の違いを的確に表現できる自信はないです。