読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikon MONARCH 7 8×42

40mm超級双眼鏡

40mm級双眼鏡の2台目の紹介は、

Nikon MONARCH 7 8×42 です。

8倍、42mmで、実視界8.0° はすごいです。

見掛け視界58.4° なので、ニコンの基準だと 

MONARCH 7の中で唯一広視界タイプじゃないことに

なっていますが、同社のEDGでも実視界7.7° なのを超えて

何が何でも、8.0° 以上にこだわってきたところは

いつもニコンらしくて、ホント大好きです。

 

光学的には厳しい条件でも、

ニコンのブランドを掲げるからには、

見え方にも、それなりの基準があるわけで、

期待に応えるために全力を尽くして頑張ることができる

ニコンという会社は、勇気と希望すら与えてくれます。

 

MONARCH 7 8×42 のライバルは、他社の製品だけでなくて

最も多くの人が比較するのは、MONARCH 5 8×42 です。

同じ会社の同じブランドなので、いつも近くに置いてあるから

ほぼ同条件で見られるので、どうしてもくらべてしまいます。

 

実視界8.0° と 6.3° なので、全然違った性格なのですが、

店舗の中の限られた空間で見ると、あまり変わらないように

見えるかも知れません。室内だと近くにあるもの見るので

視点が中央に集中することになり、中央だけなら両機は

ほとんど変わりませんから、広角感が良くわからないのです。

それに加え、店内だと何処に何が配置されているのかが

わかっているため、周辺部を使って探す必要がないのです。

 

MONARCH 7 8×42 の特性が最大限力を発揮されるのは

星空巡りのような時だと思います。バードウオッチングでも

もちろん広視界であることは、絶対的に優位な特性であり

通常だと倍率を落とすか、30mm級にするしかなかったのに

MONARCH 7 8×42 は、42mmのこの価格で実現させています。

 

だから周辺部の補正については割り切ってもいいのですが、

ニコン様は決してそのようなことは致したりはしないのです。

次に紹介する予定の、CANON 10X42L IS WP とかにくらべれば

甘いと言えるかもしれないけど、MONARCHのポジションで

これほどまでニコンらしさを具現化していることは素晴らしく

MONARCH 5 8×42 と、わずかに60gしか違わない重量の中身に

どれだけ多くの工夫があったのかを考えずにはいられません。

 

今回の40mm超級で紹介している双眼鏡はすべての機種で

各種の補正が普通とは格段にレベルが違う双眼鏡ばかりです。

全方位で収差を0にすることも、いつかはできるでしょうが

とんでもない値段と重量になってしまうと思います。

 

理想を追求し続けることは決して悪いことではないです。

けれども現時点では、それぞれの双眼鏡がもっている特徴を

個性だと理解することも、双眼鏡の楽しみの一つなのです。