読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EOS 7D Mark II ホワイトモデル

お家の一眼レフシステムの主力はCanonです。

交換レンズも防湿庫の奥の方を探せば何本かあるのですが、

EF300mm F4L IS USM 君以外は、ほとんど使ったことがなく

ごく稀に、EXTENDER EF1.4xII を装着する以外は、

出番のこない不憫なレンズたちになっています。

 

EF50mm F1.8 II は、撮影をすることも可能な蓋です。

たまーにそのままスナップを楽しむのに利用される程度で

なんかもう、レンズを交換できる意味がないぐらいです。

 

すっかり、カメラ交換式の望遠レンズの状態でして

しかも一番持ち出されるのは、最軽量のEOS Kissです。

どう考えてもアンバランスなんですけど、2kgを超えると

急激に重く感じるので、フィールドではあまり使いません。

 

ファインダーの見え方は、断然ペンタプリズムの方がいいので、

もっと軽量な中級機があれば使うかもだけど、どちらかといえば

連射とか測距点の数については、ほとんど気にならないから、

見え味にとことんこだわった、超軽量のKissが欲しいです。

でも、あんまりどころか、まったく売れなそうですね。

 

EOS Kiss X7 ホワイト・ダブルレンズキット 2 の色が、

Lレンズと同じカラーなら、絶対に買うのだけど、

あれに、EF300mm F4L IS USM を装着させてみると

黒ボディよりも、はるかに似合わないことになるのです。

( ↑ 実際にやってみました。)

 

レンズを交換するという発想が欠落しているので、

わけのわからない、変てこな考え方になっています。

D7200 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR = 1520g

が、たぶん最適解なのでしょうが、

EOS 7D Mark II スペシャル野鳥セット400mm F5.6 とか、

EOS 7D Mark II ボディを望遠Lレンズ色に交換するサービス

を実施してくれたら、喜んで購入すると思います。