読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vilu Reef Resort Maldives

今日のリゾートは、モルディブです。

モルディブほどホテル選びに悩める場所はないかもです。

ひとつの島にひとつのリゾートが基本なので、

納得のいくまで詳細を調べた方がいいと思います。

f:id:Hydrornis:20150501001550j:plain

そんなわけで今日のリゾートは、Vilu Reef Resort です。

ここを選んだ理由はたくさんあるのですが、

ダイビングインストラクターが日本人だったこと

宿泊者比率の大半がイタリア人になってたこと

小型ジェットにも乗って見たかったし、

お値段が相応なのもあったかもです。

 

イタリア人と日本人は、食べ物関しては世界有数レベルに

うるさいのです。一週間離島にいて、食事が美味しくないと

大変なことになってしまうので、この点かなり気をつけました。

超が付くほど高級なリゾートなら、レストランも幾つかあるので

選択することも可能ですが、だいたいのリゾートは全食事付き

の場合が多く、まったくいい加減な思い込みなのですけど、

イタリア人がたくさんいるとリゾートっぽくなるのです。

 

この入念(?)な作戦は、正解でした。

たぶん何処を選んだとしてもはずれはなかったと思いますが

色々と調べたり考えたりしている時からワクワクしました。

 

リゾート滞在に何を求めるかも人それぞれなのですけど、

非日常的な時間と空間に身を置くことを目的としているので

期待を遥かに上回って、頭から足の先までとろとろになります。

直ちに社会復帰出来ない可能性もあるのでご注意ください。

 

びっくりしたのは帰国後で、成田から車で帰ったのですが、

お家に着く頃には、夜になっていて見慣れたいつもの風景が

なんだかすごく輝いているのです。極めつけは翌日以降に備えて

スーパーに寄ったのですが、余りの眩しさに相当に戸惑いました。

瞳がモルディブ仕様のままの状態にあったからだと思います。

 

まさか帰ってきてからも、モルディブ効果が発動するとは

思ってもなかったので、本当にすごいリゾート体験なのです。