読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikon D7200

Nikon COOLPIX P900 と同時発表だったので

このブログでは、影に隠れた存在になっていましたが

一眼レフカメラは写真を撮る雰囲気にさせられます。

 

いつものフィールドだと、Canonが多数派で、

Nikonは意外と少なく、CanonはEOS 7D Mark II が多く

APS-Cモデルが使われていて、Nikonはフルサイズ機が

ほとんど主流となっている感じです。

 

野鳥撮影だと、トリミングが前提になっているから

ピントさえ合えば被写体の大きさはあまり関係ないようで

両者は嗜好の違いなのか、Nikon派はフルサイズが好まれる

傾向にあります。機材を見るのも大好きなのです。

 

特にデジスコシステムはすごい作り込みなので、

写真を撮って紹介したいぐらいです。

スコープ、遮光フード、接眼レンズ、アタッチメント、デジカメ、

照準器、雲台、プレート、三脚、その他アクセサリーなど

お店ではちょっと見ることができないレベルで

カスタマイズ品も多数あるのですごく楽しいです。

 

今日は、NIKON D7200 のお話なので、

デジスコシステムはいつか細かく説明します。

まだ発売されたばかりなので、

フィールドでは、見たことがないのですが、

D7200 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR の

組み合わせには、興味津々なのです。

 

たぶんこの二つを買ってしまうような人は、

既に巨大なレンズを所有している可能性が高いので

見かけることがないだけなのかも知れないけど、

サブシステムでいいから、見てみたいです。

 

D7200のカタログにも、レンズ紹介があるだけで

肝心の作例が載っていないのです。

D7200を検討する人が一番期待していると思われるので

間に合わなかったのなら、改訂版が欲しいです。

 

たぶんもう発売されることはないとは思いますけど、

もしかして、D400の時のためにとってあるのなら

ニコンファンも、大いに納得してくれるはずですが、

さすがにそれはなさそうなので、次モデルの時でしょうか。

 

D7200カタログの第一作例は、鳥のいる風景です。

ゴイサギ - Hydrornisの日記 でイメージしているような

幻想的な風景でとても美しい画像だと思います。

使用されているのは、セットレンズです。

比較的新しいレンズですから、順当なのでしょうけど

購買層の人には、微妙なセレクトの感じがします。