読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJIFILM X-T10

富士フイルムの新しいミラーレス一眼が

発表されていますね。

www.fujifilm.co.jp

f:id:Hydrornis:20150518183248j:plain

何とも微妙な趣きのカメラなので、

誰をターゲットにしているのか、わかりにくいです。

お値段は、キタムラの初値が87,000円です。

X-T1はもちろん、X-E2よりも少しやすいけど、

X-M1の後継としたらちょっとお高いです。

 

現行品の序列にすると、

X-T1 > X-Pro1 > X-E2 > X-T10 > X-M1 > X-A2

を、守らないといけない状態なので、

X-M1が終売になれば、値段は下がると思いますが

どのようになるのかは、年末ぐらいにならないと

予測は難しいです。たぶんその頃にはX-Pro2の噂が

現実味を増して、さらに複雑になりそうです。

 

上の画像の組み合わせだったら良かったのだけど

やっぱり、ズームレンズの方が売れるのでしょうか?

女子カメラ的なポジションを狙うなら、

XCレンズと組み合わせて

レンズキットが、59,800円で

ダブルズームキットが、69,800円ぐらいじゃないと

売れ筋のヒット商品にはなれないと思います。

 

カメラ大好きな人なら、男女の差はそれほどなく

X-T1かX-Pro1のようなトップモデルを選ぶはずだし

デザイン重視なら、X-A1で完成されていたので、

昨年の値段を知ってる人には買いにくいです。

 

富士フイルムに期待するのは、

未来のカメラ - Hydrornisの日記 のような

一眼レフカメラを過去のものにしてしまうほどの

超高精細の電子ビューファインダーなので、

HD解像度で、1,920 * 1,280 * 3 = 7,372,800 ドット

ぐらいは、今の技術でも全然できるはずだから、

1型 4Kファインダーを次機種では採用してください。

 

1億画素の高解像度センサーなんかよりも現実的で

圧倒的にインパクトがあると思いますから

驚愕の見え味を、体験させて欲しいです。