読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJIFILM X-T10のカタログ

デジカメ新製品 カタログ

FUJIFILM X-T10の方は、

平成27年6月25日より発売なので、

ほぼ理想的なタイミングで出荷されます。

 

これはスケジュール通りですから

2015年2月26日発売のCOOLPIX P610 の翌週に

Nikon COOLPIX P900 を続けて発表したニコンの

素早い決断の方を、賞賛すべきですね。

 

富士フイルムのミラーレス一眼と、

Nikon COOLPIX P900 は、かなり性格が異なるので

購買層が重なることはないように思うのですが、

このブログの注目度だと同じなのです。

 

カタログの見どころは、後ろの方の

LEGENDARY FUJINON LENSES です。

Xマウントレンズ ロードマップ | 富士フイルム

では、平成28年発売予定となっているレンズまで

ほとんどの写真が載っています。

 

XF100-400mm が右端に大きく写っていて

良く見ると、フォーカスリミッターの設定値が

5mになっています。400mm側で使う気満々です。

XF1.4x TC と書いてあるテレコンバーターもあるから

840mm相当の撮影も可能になります。

 

X-Trans CMOS IIセンサーの高感度性能は、

フルサイズ機と同じぐらいの設定が可能なので

かなり厳しい条件でも、なんとか対応しそうです。

X-A1だと、ファインダーがないので厳しいかもだけど

FUJIFILM X-T10なら、小鳥の導入ぐらいは出来そうです。

 

問題は重量の方なので、

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR よりも

ひとまわり以上は大きいので、

小型軽量ボディだと、少々バランスが気になります。

f:id:Hydrornis:20150527010108j:plain

富士フイルムのカタログは、

旅行を連想させるものが多いので、

X-T10は、やっぱり標準ズームになるみたいです。