読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Made in Thailandが誇る、信頼のX-T10。

カタログ デジカメ新製品

FUJIFILM X-T10 のカタログを見てて

何かいつもと違うような気がしていたのですが、

足りないところを見つけてしまいました。

Made in Japanが誇る、信頼の品質。

の、カットがないのです。

 

各部名称のBOTTOMの部分を

ルーペで良くみてみると、

MADE IN THAILAND になっています。

X-M1もX-A1もタイ製だったので、

今さら驚くことでもないのだけども

製品カタログのPDFだと読みとることができず

たぶん日本で印刷されたと思われる紙のカタログだと

ちゃんと印刷されているところが、

何ともJAPAN品質なのです。

 

念のためですが、

このブログ的には富士のミラーレス一眼は

開設当時からの注目商品なので、

悪気は一切ありませんよ。

X-M1もX-A1も、とても大好きなカメラです。

もちろんタイ製であることも含めてです。

 

タイの工場で働いている人たちも、

タイトルの文字列が本当にカタログに載ったら

おそらくは、誇りに感じると思います。

 

今のところだと、まだセールスポイントには

ならないようなので、掲載されることもないのですが、

信頼を確立するためには、どうしても時間が必要なのです。

今後も、実績を積み重ねていくことが大切ですね。

 

追記:やっぱり読み手の捉え方によっては、

印象が変わってしまうので、全文削除も考えました。

正直最初は、隠すなんてズルイとも思ったけど、

見かたによって色々と違って感じられるのが

とても興味深く、そのまま掲載しました。

  • 量産に対応可能な優れた設計
  • 高級機種を海外生産する挑戦
  • X-pro2に対するリソース確保

等、肯定的に考えればたくさんの要素もあって、

Made in Japan ブランドの価値を良く知っている

富士フイルムが、決断をした機種なので、

これからの推移を見守りたいです。