読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKON ブース

デジカメ新製品 Nikon COOLPIX P900

小規模ながらも目をひいたのは、

NIKONのブースです。

f:id:Hydrornis:20151101183120j:plain

例年だと、双眼鏡とスコープだけで

地味な展示となっていることが多かったのですが、

今年は、Nikon COOLPIX P900 が注目を浴びたこともあって

カメラの方も主力が揃っていました。

 

Nikon COOLPIX P900 は2台稼働できる状態で、

ブース前では、MY SDカードを使って撮影できました。

2000mm相当のインパクトはやはりすごいです。

メインステージまではかなりの距離ですが、

285mm(1600mm相当)の手持ちも余裕でいけます。

このカメラの良いところは、

コンデジ区分に属しているので、

プログラムモードがとても良くできています。

カメラ任せにしておけば、ミスショットがとても少なく

超望遠域でも確実に記録を残してくれます。

 

持ち帰ったデータを等倍で見ても

破たんして使えないようなショットほとんどなくて

光学ズームのほぼ全域が同じ感覚で使えます。

 

CXフォーマット機 + 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6

は、当たり前に使えますし、マウントアダプター FT1を介して

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR を装着した状態の製品も

デジスコを使ったことがある人なら楽々使いこなせます。

 

写真を撮る楽しさというか、リアルさについては、

一眼レフ + 巨大なレンズの方がより素晴らしいと思いますが、

AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR がとても軽くなったといっても

単体で3kgはあるので、やはり体力と財力の両方を備えた

特別な人たちの限られた機材であることを実感します。