読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双眼鏡ブース

今年は、ビクセンが出展していませんでした。

そういえば前年も富士フイルムが参加しなくなって

LB150大型双眼鏡が見られなくて残念な思いをしました。

よくよく考えると、ライカのブースもなかったです。

 

JBFぐらいの大きなイベントは、

時代の変化に対してとても敏感なところがあって

必ずしも規模が拡大するとは限らないし、

出展企業も毎年変わっていくものです。

 

ビクセンは日本を代表する総合光学機器メーカー

であり、ブランドバリューもある企業です。

双眼鏡を必要としている人がどれぐらい存在するのか

わからないけど、日本最大級の鳥(自然観察)の祭典の会場で

Vixenのロゴが見られないのは違和感すら感じる思いです。

 

双眼鏡の個別の感想は、あらためてするつもりなので、

今回は、気になった機種をいくつか挙げておきます。

EL8.5×42 SV WB と仲間たちについては、

もはやその先進性についていけない状態です。

機構的には理にかなっていると思われる仕組みだけれど、

わずか数ミリの紐で30万円を支えることになるので、

ちょっと大胆過ぎる発想に驚かされます。

 

Zeissは、HTとSFの他にコンパクトタイプの参考展示があり

たぶんTERRAシリーズの25mmとして発売されそうです。

8倍は、119m/1000mなので、実視界はいい感じです。

店員さんの説明では、これによりConquestのコンパクト機は

引退となり、VICTORYは販売が継続するようです。

新型の25mmは、日本で作られる製品といっていました。