読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピントリングの回転方向

双眼鏡にも、当然ピントリングがあって、

これも、時計回りと反対回りのものがあります。

 

今、お家にある4台の双眼鏡を触ってみたら、

時計回りが2台、反対回りが2台でした。

これは、おそらくメーカーによる違いではなくて、

製造元によるものだと考えられます。

 

視度調節リングも、+ と - が逆になっているものがあります。

気になる人は、実際に触って確かめるしかないのだけど、

向きに関しては、どちらでもあまり影響はないです。

操作性については、対象物によっても違いますが

最短から無限遠までの回転数の方が使い勝手の差になります。

これも好みの問題なのですが、バードウォッチングならば

一回転以内で素早く合わせられる方が楽だと思うし、

正確さを要求されるのなら、もう少し細かく回転する方が、

使いやすいと感じられると思われます。

 

本格双眼鏡の場合、なめらかさも重要なポイントで、

快適に感じる回転力(?)とマッチしている双眼鏡が

ベストパートナーといえるでしょう。