読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トップローディングバッグ

このタイプのカメラバッグになると、

特定のカメラ専用のサイズを選ぶことになります。

実際に使っていたのは、巨大なウエストバッグのような形状で、

最初は腰に装着していたと思います。

その後、チェストハーネスというアクセサリーを追加して

たすき掛けのスタイルになった記憶があります。

 

どちらにしても、かなり大掛かりになってしまうので

フィールド以外では、相当の勇気が必要です。

首への負担を最小限にして、

移動中もすぐに撮影が開始したいけど、

間違って機材を傷つけるのも出来れば避けたいという

少々欲張りな方にはおすすめです。

 

足場の悪い場所を歩いていく場合、

身体の前方で固定ができると動きやすいです。

小さなカメラや双眼鏡でも、首から直接かけていると

ぶらぶらするので、片手で支えることが悪路になるほど多く

機材が動かないようにしておくことで、

バランスを崩さないようにします。

 

転んでしまった時の保険ではなくて、

自らが選んだ装備のために転倒してしまうことを

未然に防ぐための道具でもあるのです。