読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本全国スピードお届け実施中!

今では、当たり前のように

どんなものでも、配達料金無料に慣れてしまったので、

キャップひとつでも注文は可能なのですが、

267円の商品を送ってもらうのには、

多少の抵抗があります。

 

大量に受注が見込める企業の単価が、

個人で発送する荷物よりも安価であることは

なんとなくは理解できますが、

1000円以下の商品を売っても利益はでないと思います。

 

でも、通販サイトによっては、

複数個の商品をまとめて受注ができないこともあり

配送料金を誰が負担しているのかを知ることはできません。

 

実際、店舗に行ってパーツを注文すると、

受注時と、受取時の最低二回は接客コストが発生するので、

販売店としては、小口の注文ほど手間を省けます。

なので、どちらが良いのかは微妙なところで、

効率を重視するなら、後者の方がありがたいのです。

 

むしろ、267円しかしない商品は、

購入実績のないお店ではちょっと怖くて買えないです。

そんなわけで、たいていは購入回数が多いところに注文をします。

商品の売買は価格も重要な要素なのですが、

信頼関係がやはり大切になりますです。