読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モニタに表示するための複雑な配線

IT関連 雑談 お買いもの

モニタの裏側が大変なことになっています。

市販されている多くの液晶モニタは、

コンピュータと一対一で接続されるものですが、

お家では、パソコンはノートが主力となっています。

 

まず決定的に不足しているのは、

電源コンセントです。

でもこれは、6口タップ2つでどうにか対応できます。

全然足りないのが、HDMI接続端子です。

既にHDMIセレクターを使っているのですが、

AVアンプ(接続端子が7つぐらいある)が必要かもです。

 

次に足りないのは、有線LANの接続口です。

ほんのちょっと前は、全く想定をしてなかったので、

小さな無線LANの中継機で十分だったのだけど、

有線ポートは4つ全て埋まっています。

 

これも無線LANで接続すればいいのですが、

据え置き型の機器は、無線LAN機能が搭載されていても

アップデート時に安定した接続を要求してくるので、

有線で繋いでおいた方が手間が省けます。

 

そんなわけで、新しく導入されるハードウェアは、

電源、HDMI、LAN(出来れば有線)の3つがセットで必要です。

それでもHDMIが使える機器は、映像と音声が1本になったから

アナログ時代よりもだいぶマシになっています。

 

後、気をつけないといけないのはACアダプタです。

電源を内蔵している機器であれば、通常のタップに連続して

挿さるのですが、ACアダプタには色々な形状が存在しているので、

ACアダプタ用に電源タップを用意する必要があります。

 

なるべく美しく接続してスマートに使いたいと思うのですが、

増設するたびに複雑怪奇な方向になっていきます。