読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COOLPIX A300

デジカメ新製品 スマホ 周辺機器

CP+は、色々なイベントが合併・吸収されて、

現在のように、とても大型のイベントになっています。

www.nikon-image.com

今回、DLシリーズを除くと。

  • COOLPIX A900
  • COOLPIX B700
  • COOLPIX A100
  • COOLPIX A10
  • COOLPIX B500

など、たくさんの新製品がありますが、

注目はこれ、COOLPIX A300 です。

ヨドバシ.comを見ると予約受付中のプライスは、

なんと、¥19,980(税込)です。

 

低価格コンデジとしては少々お高いですが、

コンデジ単体で楽しむ商品ではなく、

SnapBridge で、スマホと常時接続が目玉の機能です。

つまりこのカメラは、普通のコンデジではなく

スマホの周辺機器に区分されるのです。

 

スマホで表示させることが目的となるので、

画素数とかはあまり気にすることがなく、

製造時に最も普及しているセンサーを搭載するので、

100%表示では、ブロックノイズがちらほら見えたりしても、

スマホの画面で綺麗に見えるなら役目を果たせるので、

200万画素ぐらいに縮小したサイズでOKなんです。

 

スマホはバックに入れておいて、

写真を撮るのが、A300 の役割です。

薄型のスマホでは難しい、8倍ズームや手振れ補正で、

ワンランク上の画像を撮影します。

ここから先がこのカメラの本領を発揮します。

フルメイクや多彩な自分撮り機能やエフェクトなど、

カメラメーカーのアプリを操作する感覚で、

写真を色々と加工していきます。

 

フリーのアプリと違いメーカー純正で最適化をするので、

仕上がりはかなりの完成度になりますから、

フォトショップを使うレベルの難度が高い補正も、

メイクだけに特化すれば、簡単でわかりやすいと思います。

 

撮影時質量は、120gほどで厚さは20mm程度です。

Bluetooth標準規格 Ver.4.1 なので省電力仕様になっていて、

電池が切れたら、スマホに切り替えてもいいし、

USB充電可能なので、モバイルバッテリーも使えます。

 

COOLPIX A300 + スマホを持ち出せば、

ネットで配信するコンテンツは、

PCの必要がなく、どこでもスタジオになります。

もちろんこれよりも高画質の画像を必要とする人には、

最新のニコンSnapBridge 搭載機にすれば、

NIKON IMAGE SPACE にデータをアップロードして、

共有・整理・閲覧をコントロールしながら対応することもできます。

 

美しい画像を残すことに特化したデジカメと、

画像を素速く公開して、みんなで楽しむ簡単な仕組みが

あることを、ニコンは多くの人に伝えています。

この配分をユーザの利用状況によって選択できる機種の開発と

環境の整備を整えつつあること。

デジタルカメラがこれからも必要とされるために、

他社任せにしないで、提案・チャレンジをしていく姿勢は、

大変に素晴らしいことに感じらます。

 

COOLPIX A300 は、初値が税込で2万円以下なので、

スマホ周辺機器としてもギリギリの値付けであり、

背伸びをすればターゲートユーザに届きます。

この取り組みが理解され普及していくことになれば、

スケールメリットで価格は下げることもできるようなるので、

そのための大事な試金石となるのです。