読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone ケース

iPhone の周辺機器で最も気合の入っているのは、

たぶん、iPhone ケースだと思われます。

 

少し大きめの量販店などに行くと、

iPhone ケースだけで、何列も置かれています。

hydrornis.hatenablog.com や、

hydrornis.hatenablog.com の、KLYP+ケースも、

一応iPhone ケースに含まれるのですが、

単品で装着していると、かなり異彩を放つことになります。

ということで、ごく普通のケースを選ぼうと思うと、

あまりにも多すぎる製品群の前にして、

途方にくれることになります。

 

すごく大きな分類をすると、

ジャケットタイプと手帳型にわかれます。

素のままで使えばいいのですが、

あまりにも薄すぎるので、何かで守りたくなります。

単なる保護の目的であれば、100円ショップの取り扱い品でも

かなりいい線をいっているというか、

専門店の1,000円級とほぼ同等のクオリティです。

 

ネットショップで条件を絞り込んでいく時、

形状や素材だけでは、選択肢は極端に少なくはならず、

ある禁断のキーワードを入力します。

その文字列は、「Made in Japan」です。

 

iPhone 関連商品にとって、この威力は絶大です。

軽く2桁ほどは絞り込まれてしまい、

残った商品は、パソコンだと2ページほどです。

価格も二極化されてしまうので、

1万円以下だと、迷うほど品数はなくなり、

全商品の発売元のサイトを見ることが可能になります。

 

その中にお気に入りを発見すれば、

購入は非常に簡単です。

でもちょっと多機能で高級そうな売れ筋商品も消えるので、

再検索をして、機能性重視の選択をすると、

パソコン周辺機器の大メーカー、

BUFFALOやELECOMさまのお出ましとなります。

 

これだと安心して、お値段や素材、機能性などを比較しても、

好みに合った製品を行き当たると思います。

ある程度のラインを設定しておけば、

実店舗でも迷わずに買えます。

 

特定の製品だけのために、これだけ多くの選択肢があるのは

たぶん、iPhone ケースぐらいしかないかも知れないです。

iPhone 市場が持っている潜在能力は、

途方もない経済規模であると実感できると思います。