読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯型デジタル音楽プレイヤー

Appleの看板商品は、

いまでこそiPhoneと断言できますが、

世界を代表する大企業になっていった原動力は、

iPodだったと思います。

 

ある程度の年齢の人であれば、

キャンディ・マックが、ブレイク・ポイント

であると考える人もいるかもだけど、

iPodの登場で、音楽を購入するという大事件が発生して、

Appleの株価は急上昇しているので、

ここが大きな分岐点です。

 

そんなわけで、iPhoneは通信機能を搭載した

携帯型デジタル音楽プレイヤーなのです。

これをウォークマンと呼べないのが悲しいところですが、

今では、コミュニケーション・センターといったところでしょうか。

 

満員電車では全体を目視で確認できませんが、

ほとんどの乗客が着席している都心型の車内を見ると、

限りなく総員がスマートフォンを操作しています。

さらに半分以上の確率でヘッドホン装着です。

 

付属品として最初から用意されているぐらいなので、

充電ケーブルに次いで重要な現代の必需品です。

この2つのケーブルが、とっても華奢に作られています。

オリジナルを見つける方が難しいぐらい、

周辺機器としては売れているので、

多くの人は幾つか持っていると思います。

 

PIONEER SE-CE511i-W にしました。

100円ショップのヘッドホンとはまるで別物に感じますが、

10,000円以上する高級ヘッドホンとの違いは全然わからないです。

わかる人にはわかりやすい商品もたくさんあるので、

どの辺がちょうど良いのかは相性があります。

 

純正品よりも、わざわざ選んで買った分ぐらいは、

いい感じに聞こえるのですが、

この商品に限らず、たった一つだけ問題があります。

それは、L型プラグには共通だと思われます。

iPhone本体が薄すぎるのもあるけれど、

ケースに微妙に干渉してしまい、

少しずらさないと、奥まで入らないのです。

 

これでは折角の高精細の設計が台無しになってしまいます。

ケースを変えるか、ヘッドホンを純正に戻すか、

どちらかを選択しないと落ち着かないです。

結果は明日に持ち越しです。