読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneのシャッター

AT-PHA05BTは、Bluetooth対応だけど、

音量ボタンは、内蔵アンプの出力調整機能なので、

シャッターとしては使えないです。

PIONEER SE-CE511i-Wは、

基本的には付属品と同じ仕様なので、

何かの音源を再生していなければシャッターになります。

 

それでは2つをセットで使ったらどうなるのか?

予想通りの結果ですが、あまり意味がないテストです。

 

音楽を聴きながらだと、撮影できる時とそうじゃない時があり、

カメラ使用中にわざわざ音楽を聴く必要はないので、

リモートシャッターとしては、

100円ショップの専用機の方が使いやすいです。

 

自撮り棒の中には、Bluetoothシャッターもあるのですが、

既に主要観光スポットでは、利用制限があるので、

ここはアイポンをカメラとして使うよりも、

アイポンからリモート撮影が可能になっているコンデジの方が、

値段、画質、違和感などもなくて優しいです。

 

カメラモジュールが最新のデジカメ並みになれば、

スマイル・シャッターや、ウィンク・シャッターも可能になって

一部の人には使える機能になるのですが、

無線接続のコンデジ価格は、今後さらにお安くなっていく可能性もあり、

両者の価格差を考えると、アイポンを手から離さない方が安全です。

 

ただ、アイポンはアプリの追加をすることが容易で、

既に使わなくなった機種を利用したりすれば、

かなり難しい撮影にも、対応することが可能になっています。

それほど画質を重視しない場合は、

多彩なスタイルに対応できると思います。