読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PIXUS MP980

データの取り込みは、

お家でいまだに現役で活躍している

PIXUS MP980 です。

 

複合機なのであまり多くを期待するのは難しいけど、

この装置を大事に使っているのは、

スキャナの仕様がCCDだからなのです。

 

反射原稿(普通にコピー)の場合、

お値段相応で、とても使いやすく標準的な多機能機ですが、

透過原稿は、かなり気合が入っています。

専用のフィルムガイドをなくしてしまわないように、

蓋の裏というか、本体の中に収納されています。

 

上を見たらきりがないのだけど、

仕様上の解像度は、一応4800dpiまで対応しているので、

1コマでも、数分ほどかかるのですが、

手数をかけた分だけの画質は得られます。

 

白黒ネガに挑戦したことは、これまで一度もなかったのですが、

正式に対応している機能を使えるのはとても嬉しいです。