読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画像の最終保存形態

先日の、PHOTO CD を展開して思ったのだけど、

画像の保存についてのお話です。

 

まず、何処にという問題については、

近年のものであれば、HDDは大容量でもやすくなったので、

これに撮りたてを丸ごとコピーする場合が多いです。

今では、PCがなくても専用の、「おもいでばこ」

のような製品もあります。

 

もう少し今風の感覚であれば、

クラウドに自動でバックアップも実用と思えますが、

一時的な置き場としてはともかく、

恒常的な保存先としてはあまり適当ではないです。

 

ともかく、容量的な制限を心配することは、

それほどなくなったので、

元データが消失する可能性は低くなっているのですが、

これらは、結構最近になって実現されているので、

ちょっと前や、かなり前だと大変です。

 

大抵の場合、良く撮れていると思われる作品は、

別フォルダに書き出されて、

さらに手数をかけてレタッチをします。

この工程をすべての段階で保存をしているような方もいますが、

そこまではなかなか難しいので、

与えられた環境で最適に鑑賞できる状態にするのが、

当面の目標になります。

 

撮影枚数は飛躍的に増えたのですが、

逆に増え過ぎてしまったことで、

隅々まで手が廻らないのです。

 

時間を見つけては、あちこちに散らばっている画像の発掘をして、

楽しんでいます。撮影時には特に気になることもなかった

意外な部分にスポットをあてると面白いです。