読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリフトダイビング

フィリピンのマクタン島(セブ)は、

ほとんどが、潮の流れに乗って進むドリフトです。

マリンアクティビティの安全性については、

技量と同様に、個々で判断をするしかないのですが、

優良ショップの選択をきちんとしておくことがとても大切です。

f:id:Hydrornis:20160606001424j:plain

この時に持っていった水中カメラは、

写ルンです。 + 専用の水中ユニットです。

今も一部で販売されている、写ルンです NEW ウォータープルーフ 

のような、単体で防水性能を持っている商品ではなく、

現行品だとコンデジ専用に作られているような、

専用のケースが存在していました。

 

それなりには写るんですが、水中だとかなり厳しいです。

大物が出現するようなポイントになるほど、

流れも速く、20m以上になると内蔵のフラッシュは、

ほとんど役に立たないので、早々に撮影はあきらめています。

 

上の画像はキャプチャをしたものなので、

デジカメではないと思うのですが、写ルンですにしては、

四隅まで解像しているので、簡易防水型のフィルムコンパクトで

撮影をしていたものだと思います。

 

この頃のデジカメはまだ高価な製品が多く、

コンパクトタイプでも単焦点のフィルムカメラなら、

各手順を丁寧に取り扱えば、デジカメより画質は良かったのです。