読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんでもないギャップ

FUJIFILM カメラ

このブログは、欲しいなあと思った

光学機器等と諸々の周辺機器なんかについて、

勝手に情報を集めて、あれこれ感想を綴ることで、

これ以上お家にモノを増やさないように制御することが

目的となっていたりします。

 

なのに、どっぷりはまってお買上げしてしまうことも

極めて良くあるのですが、製品所有者としてのレビューは

なるべく多くは書かないように努めています。

 

今回も、FUJIFILM X-Pro2 体験記なのですが、

http://f.hatena.ne.jp/Hydrornis/samples/

に、実写サンプルを載せてみました。

作例ではなく、等倍表示を確認するためのサンプルです。

 

FUJIFILM の箱型カメラが大好きなので、

レフ型を使う人とは、少し感覚が異なるかもです。

FUJIFILM X-Pro シリーズは35mmレンズ専用

もしくは、18mmは変倍で対応するけど、

それ以外の画角はすっきりしない使い心地に感じます。

 

そんな風に思ってはいるものの、

普段はズーム端の55mmばかり使っているので、

単焦点の56mmは、とてもわかりやすいです。

視野率90%、倍率0.6倍の小さなファインダーの中に、

さらにせまい範囲を切り取る状態です。

パララックス補正は、かなり高い精度にあると思われますが、

撮影時に仕上がりを予測するのは難しいです。

 

最新のカメラなのに、これは一体どういうことなの?

でも安心してください。

記録される画像は、想像以上の結果を残します。

このとんでもないギャップが、

富士フイルムのデジカメを使う楽しさです。