読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VISA & MasterCard

旅行 雑談

昨日もしFUJIFILM X-T2が発表されない場合に

秘かに用意していた、小ネタです。

思っていた以上に大発表会で見どころ満載なので、

土日曜日にじっくりと感想文を書きます。

 

そんなわけで、今日は埋もれるはずのカードの続きです。

国内で使う分には、見た目がきれいな方がスマートに映るので、

自分のスタイルのあったカードを利用いたします。

海外の場合も、それで問題はないのですが、

VISA or MasterCard であれば使い勝手に差はないです。

 

宿泊施設は、100ドル以上のホテルしか使わないレベルの旅行なら、

JCB や、AMEX、DinersClub でも全然OKです。

ここから先は、旅行地によってかなり事情は違いますが、

アジアに限定すれば、空港施設以外のショップだと、

カード払いは手数料の提示が必ずあります。

その額は、ほぼ上記した順に高くなっていきます。

 

一週間以内のパッケージツアーの場合、

あまり気にならないというか、現金払いが最強です。

ドル小額紙幣があると何かと便利だと思うけど、

2回分の手数料まで考慮すると、

日本円そのままでも十分に使えます。

但し、現金は紛失・盗難には何の保証もないです。

 

日系代理店のサービスを使う場合に限り、

JCBは、手数料無料 + ちょっとしたおまけもあります。

辺境の地では、何故かDinersClub だけしか使えないお店とか、

AMEXは、支払額についてお得なサービスは少ないですが、

お金では買えない迅速なサポート使える魅力とか、

それぞれに特長を持っているのです。

 

パスポートと違い、持っていないと出入国ができない

という訳ではありませんが、あった方がやっぱり便利です。

日本国内では、販売が終了してしまいましたが、

トラベラーズチェックというのがあって、

安全かつ優位なレートなので、

一部の旅行者には人気があったのですが、

海外旅行やクレジットカードが特別なものではなくなり

役目を終えたのだと思います。

 

国際キャッシュカードも、

現在では、三井住友ぐらいしか思いつかないですが、

現地通貨を直接引きすことが可能です。

びっくりするほど使えるATMは存在するので、

年数回の頻度で各国を訪れる人は、

かなり役に立つと思います。