読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士フイルムのウェブサイト

ミラーレスデジタルカメラ のラインアップをみると、

FUJIFILM X-T1 はともかく、

FUJIFILM X-E2 にも、

生産終了マーク がついています。

FUJIFILM X-A2 シリーズは、出荷終了品に移動です。

これで、レンズ交換式のXシステムは、

  • FUJIFILM X-Pro2
  • FUJIFILM X-T2
  • FUJIFILM X-T10

当面は、3機種の体制になります。

箱型クラシックモデルの代名詞のような存在から、

近未来型ミラーレスを志向しています。

 

NP-W126S は、容量が増えた訳ではなく、

熱に強い仕様となっているので、

卓越した画質と画像処理能力の継承が、

ミッドモデルにまで搭載されるようになるのは、

プロセスが進むのを、1,2世代待つことになるかもです。

 

FUJIFILM X-Pro1 でも、あと10年は余裕なので、

XFマウントがこのまま拡張されていけば、

必ず技術はファミリー層をターゲットに広げていくのが、

製品サイクルの基本ですから、

もう暫く待っていると、朗報がとどくと思います。