読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EOS 5D Mark IV

衝撃のフルサイズデジタル一眼

10年がかりで、とうとうここまで進化しました。

cweb.canon.jp

お値段も衝撃のキタムラ初値42万円

1000台限定の、EF24-70L II USM レンズキットだと、

60万円をやや超えそうな堂々たる価格です。

 

例によって、いつ・どこで・いくらで

販売するかを決めるのはまったく自由なので、

購入者が納得するのならそれでOKです。

キーワードは、「 3,499 」。

どこのユーロなの!

を通り越して、どこのポンドかな?

 

日本の日常品の価格を良く理解している場合

かなーり突出したプライスですが、

そのような感覚の人はターゲットユーザになってないです。

特に違和感を覚えることがなく予約できる人が、

利用する製品だと明確に表記しています。

 

60gも軽量化したので、

これまでデジタル一眼レフを使ってきた人なら

問題はなさそうですが、高画質化に伴って

レンズの要求性能もアップしているので、

全長、質量とも増えています。

 

当初は、すべての条件をクリアした特別の人向けなので、

そのような人は、EOS-1D X Mark II にいきそう

な気もするのですが、当然販売台数の予測は相当高いレベルにあり、

間違いのない数量を販売する試算はできていると思われます。