読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Pixel

Googleの新スマートフォンの発表です。

ブランドが、「Nexus」から「Pixel」に変更されて、

Android史上最高クラスの、豪華な仕様となっております。

 

今のところ日本でも販売に関して、

詳細なアナウンスはないけど、

649ドルからスタートになっているので、

iPhone7 と正面対決の構図です。

 

Nexusブランドは、かなりお安いイメージがあったので、

それも含めて刷新したいところなのかもです。

お値段に関しては、Fire HD 8 タブレットにはとても敵わないので、

7,8インチは難しいようにも思います。

 

日本の場合、スマホは販路が限られているので、

本体の価格はいくらでも捌けるのですが、

3大キャリアの扱いがないとなると、

売り場は相当に限定されます。

 

今後、Google Assistant の技術が広がっていくためにも

かなり重要なポジションになるのですが、

お試し用には、Google Home の方がぐっと身近な存在です。

Googleは、ハードウェア・メーカーではないので、

Daydream View や、Chromecast のようなアクセサリーは

今のところ比較的安価に提供されています。

 

スマホと通信事業者の両方を選ぶスタイルになるのは、

日本では気が遠くなるほど先になると思われます。

別の売り方を提案していく発想自体はたくさんあるのだけど、

パートナーとなる企業を探すのは大変そうです。

 

たぶんまったく新しい市場を切り拓くことになるので、

身軽な方が機動力あってちょうど良いのかもです。

0円のビジネスモデルはそろそろ限界なので、

649ドルあたりが、絶妙な設定にも思えるのだけど、

日本の物価水準だと少々厳し過ぎる値段です。

複数あるモデルの最高級品が、64,800円。

大切な市場として挑むのであれば、これぐらいになるかな?