読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSのアップデート

IT関連 雑談

お家のメインシステムは、Windows7です。

1年ほど、Windows10を使って、

とても常用に耐えられないと思ったので、

細心の注意をはらって、無料アップデートを回避しました。

 

予備機もWindows7だったのですが、

アップデートの度に繰り返される不具合にうんざりしたので、

安定するまでの約束で代替機として貸し出されています。

今のところWindows7の方がつかいやすいので、

たぶんこのまま使い続けると思います。

 

サポート用にWindows10Proタブレットがあるのですが、

おかげさまで各機能に詳しくなってしまいました。

放棄されたWindows10機がさらに2台です。

複数台を並行して使っている分には、

多少不具合があっても見過ごすことが可能ですが、

一台しかない普通の使用環境では、

アップデートの度に新しい環境に対応をせまられるので、

気持ちは良くわかります。

 

洗練されてオシャレになるのはいいのですが、

まずその前にちゃんと基本機能のデバックぐらいしてから

リリースできないのか不思議な思いです。

これはMacOSも同じです。

新しい機能を積極的に追加するのは結構なのですが、

利用者全員が最先端をのぞんでいるわけではないと思うので、

そのまま使い続ける選択も許容して欲しいです。

 

iOSなどは一度同意を拒否してアップグレードをやめても

翌日には何事もなかったように同じ局面に移行します。

毎回この非生産的な作業をするのは面倒くさいので、

あきらめて新OSに移行させます。

これで使いやすくなる、もしくは新機能の優位を実感するのなら、

多少使い勝手が悪くなったとしても我慢できるのですが、

既存ユーザには追加の儀式がさらに増えるだけです。

 

昔の方が良かったと感じるようになると、

歳をとった証拠だといわれてしまいそうですが、

最近のアップデートは、それ以上に企業が大きくなり過ぎて

新たな価値を生み出すような進化を遂げる事の方が、

難しくなっている気がします。