読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プミポン国王死去

このぐらい偉い方がなくなった場合、

なんといっていいのか良くわからないのですが、

謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

タイは年中行事のようにクーデターがあって、

現地駐在員にこのことを質問すると、

国王が生きているうちは大丈夫と答えます。

それぐらい外国人にとっても絶大な信頼があったのです。

 

実際タイに訪れてみると、

タクシーの運転手は、ロータリーの周回中でも

国王の写真に向かって平気でワイをします。

都内を走る電車のホームを歩いていると、

突然みんながパントマイムのように立ち止ります。

これは全員が国歌を聞いているのです。

 

タイはかなりの階級社会なのですが、

国王に対する敬愛は、全国民がまったく同じです。

あまりにも身近で絶対的な影響力をもった存在なので、

しばらくは喪失感が残り続けると思います。

 

タイ国際航空のウェブサイトは、

現在のところ、衷心より哀悼の意を表します

として、モノクロの表示になっています。