読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CASIO EXILIM EX-ZR70

デジカメ新製品 女子カメラ

深夜の、Apple Special Event を

ちらっと眺めて、予定調和の範囲内であったので、

ライブは諦めてようやく先ほど見直しました。

 

そんなわけで、一応簡単な感想は書いたものの

かなりネガティブな感じがするので明日以降に差し替えです。

 

一転して今日のお題は、

CASIO EXILIM EX-ZR70 です。

casio.jp

hydrornis.hatenablog.com

カシオの、「自分撮り」/「みんな撮り」

に対するこだわりは、尋常じゃないレベルなので、

全機種フロントシャッター搭載です。

訪日外国人向けデジカメ、EX-ZR62とくらべ

何か違うのか全く理解できないのですが、

詳細な仕様にあまり興味がない人がターゲットです。

 

自分撮り、もしくはセルフ2ショットは、

フィルムカメラの時代から行われていました。

でもこれをデジカメでブレイクさせたきっかけとされるのは、

 「EXILIM EX-TR100」だったといわれています。

カシオは地味で謙虚なかいしゃなので、

他社がブームに乗って似たような製品を出しても

あまり驚く事もなく、業界全体の活性化を喜んでいるようです。

 

カメラに詳しい人から見れば、

平凡なスペックのコンデジに過ぎないのですが、

目的が明確な人にとってCASIOのブランドは、

安定した価値があるのです。

 

キヤノンも、EOS M5ではなくて、

EOS M10の時に、これに気づいていれば、

別の売り方もあったと思うのですが、

CANON EOS M10 ダブルレンズキット なら、

価格的にも競争力があったので、

ボタン一つのコストを惜しまず搭載していれば、

ワンランク上の画質を体験する人が、

爆発的に増加したはずなので、

ちょっと残念です。