読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iモードケータイの出荷終了について

IT関連

P-01Hが、在庫限りで販売を終了するそうです。

ソフトウェアはメジャーなOSになるほどに、

脆弱性の問題が指摘されるのだけど、

個人的にはセキュリティよりも、

正常に機器が使える事の方が重要です。

 

スマホはとても便利なのだけど、

最近の頻度でアップデートをしていると、

端末として機能していない時間が多くなりすぎです。

容量もかなり大きく、そもそも単体では、

インストールの準備をすることもできないです。

 

携帯電話の枠組みだとかなり無理があるので、

FOMA料金プランを整理するのはいいけど、

どうやっても値下げをすることだけは考えてないようです。

総務省の指導も、キャリアの施策も、普通の人には理解不能です。

 

P-01Hは、934円/月で電話番号を維持できます。

ほぼ同等の機種であるP-01Jは、1200円/月が最低となり、

もっと細かく、端末料金の月々サポートを受けることを考えると、

パケットパックの契約が必要です。

端末の値段は定価なので、

ガラケーでも3万円以上します。

 

絶対に使わないのであれば、300円/月なので、

一括で購入するよりも安くはなりますが、

それでも、1.5倍の維持費です。

 

あまりにもプランが複雑なので、

販売代理店が商売として成り立っているのですが、

MVNOの料金プランの方が正常に見えます。

自由競争を推進するのが総務省の役目

一番簡単だと思うのですが?