読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D5600 ダブルズームキット

デジカメ新製品 雑談

「迷った時はF5.6で撮るといいよ」

誰にいわれたのかすっかり忘れてしまったのだけど、

今もふとしたきっかけで思い出したりします。

 

ところが最近発売されるカメラの望遠端は、

色んな技術が進歩したのか、

F6.3とかのレンズが増えてきました。

硝材のコストよりも軽量化の工夫によるものと

考えたいのですが、長年親しんだF5.6が使えないのは、

ちょっとだけ切ない想いです。

 

ニコンは今のところ、

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

だけにとどまっているのですが、

キヤノンのミラーレス機だと標準セットが、

軒並み~F6.3です。

 

この程度の差が画質に与える影響は極めて少ないけれど、

F2.8通しのレンズを高額商品として販売するため

メーカー自らの選択肢としては、

不思議に感じる製品開発のルールです。

 

これが出来るなら、400mm F8 レンズとか、

小型スコープ並みの価格で作ることも可能になります。

現状でも、DSA-N1+Nikon 1 が使えるのだけど、

ミラーレス専用のAFレンズがあったら欲しいです。

製品化されるとかなり高くなってしまいそう。