読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年新しくデビューした双眼鏡

双眼鏡

JBFの会場は遮るものがあまりないので、

口径の差はほとんど感じないのですが、

お値段も桁違いなので、やっぱり見え方が違います。

 

今年新しくデビューした双眼鏡は、

MONARCH HG 10x42

PROMINAR 8×22

ぐらいしかなかったのですが、

端から見て行くと、かなり色々な味付けがしてあります。

 

一台数十秒ぐらいのテンポで見ていくので、

質量の差は問題ではなく、いかに素早く眼の間隔に

合わせられるかで使い勝手が決まります。

接眼径の大きな双眼鏡の方が楽に見られるように思うけど、

真円を上手く作ろうとすると時間がかかります。

所有機になってしまえば関係ないですが、

慣れの問題なのか、2軸の小型双眼鏡の方が合わせやすいです。

 

そんなわけで今回のリファレンスは、

Nikon 8×20 HG L DCF を勝手にしています。

HG Lシリーズの発売は、ちょうどひと昔前になるけれど、

さすがに最強のお散歩双眼鏡なので、

最新鋭機と互角の見え方です。

 

湖の向こう側の電塔を視界の隅で見くらべると、

性格が出やすいテストになるのですが、

そのぐらいしないとわからないぐらい良く出来ています。

MONARCH HG はまだ42mmしか出ていないので、

来年がとっても楽しみなのだけど、

100th Anniversary モデルにも、

光学的限界はあるので、

何か一つだけでも明確に超えていたら満足です。