読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

600mmポートレート

600mmでポートレートはしないと思うけど、

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

このレンズならチャレンジできます。

f:id:Hydrornis:20161111000748j:plain

50m徒競走なら、ゴール側からでも

対象の選手というか、主人公となる被写体だけを

追いかける事が可能です。

 

昔のコンデジのEVFとは全然違うレベルです。

EVFだから追随速度が遅くれるようなことはないです。

わずかに靴がきれてるのはご愛嬌です。

 

公園内の鳥撮ならこの距離だと小鳥はあきらめるぐらいですが、

最望遠端開放でも余裕で解像しています。

これ以上は長玉の登場なので、

現行のレンズ交換式デジタルカメラでは、

最高峰の手持ち撮影システムです。

 

あまりにも褒めすぎなので、

いくつか問題点を探してみたりすると、

折角パワーグリップを後から装着するのなら、

シャッター位置を前にした方が撮影時のバランスがいいです。

一式セットでも意外と軽く感じるので、

三脚を使わない人用なのですが、

台座があまりにも小さく、

ステイタスシンボルともいえる部材なので、

この部分はもう少しだけ豪華にした方が売れそうです。

 

このブログは三脚スタイルなので、

カスタムのプレートを作成すると思います。

3連射のライブビューモードで撮影に臨みたいです。