読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PENTAX Q-S1

カメラ お買いもの

今売ってるデジタルカメラは、

大きさや値段と関係なくほとんどが、

2000万画素になっています。

 

つまり画素数の多少自体は画質や価格に

あまり影響のない数値であることがわかります。

この事は熱烈なカメラファンの方々が、

今世紀になってから、ずーっと主張されています。

 

近年になって、高画素競争は止まったのですが、

運の悪い事にスマホの普及率と時期が重なったため、

今でも専用機がスマホ以下だと見栄えがしないように思える為

普及帯のコンデジほど無理な設定になっています。

 

ワンランク上の画質を求めてコンデジを買ったのに、

何だか良くみてもあまり綺麗だとは感じないなら、

スマホの方が簡単&便利、しかも身近にあって

閲覧&配信も同じ操作で完結してしまいます。

 

まったく何の根拠もない経験則ですが、

  • 1/2.3型 = 1200万画素(4000×3000)
  • APS-C = 2400万画素(6000×4000)
  • フルサイズ = 目的がはっきりしているので必要なサイズ

ぐらいまでが良像が得られるぎりぎりのラインで、

ホントはもう少し控えめでもいいのですが、

探すのが難しいです。

 

例によって、主旨がわかりにくいですが、

PENTAX Q-S1 が、今も売れ残っている理由を考えてます。

つまりこれは、PENTAX Q-S1 を買おうか悩んでいるプレゼンです。

決してリコーイメージングの関係者ではないです。