読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソムリエナイフ

ワインの栓は通常コルクです。

良いコルクと、普通のコルクと、

コルクと同等の効果を期待できるものがあります。

ここ数年はスクリューキャップも多いです。

 

すごーく最初の頃は、コルクじゃないワインは

ワインじゃないとか思っていたのですが、

今では積極的にスクリューキャップを選びます。

飲み残しても保存が楽だからです。

 

話は少し遡って、かなりワインの開栓の練習をしました。

プロのサービス業ではないので、華麗な振る舞いが

中身に影響する事はないのですが、

依頼されれば、卓上でも何とか開けられます。

 

見栄えのいいソムリエナイフも幾つか持っているのだけど、

高級品なら絶対に失敗しないというものではないので、

あまり使わなくなりました。時を同じくして、

スクリューキャップの製品を好むようになっていきます。

 

瓶抜きとか、缶切りを使う製品は国内ではあまりなくなっていて

たまーに遭遇すると途方に暮れるのですが、

なぜか代用品でも開けてくれる人がいるので感心します。

ワインはお店でくれるT型は出来れば避けたいです。

 

スクリュープルは今では100円ショップでも売っているので、

良くワインを飲む人は一つあった方が便利です。

これで失敗するのはかなり難しいですが、

100円商品ははずれもあるので、

スクリュープルとフィルカッターのセットは、

かなりオシャレで精密品も選べるぐらいは売っています。