読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CES 2017

全米民生技術協会が新年に主催する

世界最大規模のイベントです。

 

日本とは時差があるので、

技術情報はPC関連が先行していましたが、

今では各産業界の枠組が曖昧で、

ひとつになろうとしているようにも見えるけど、

より特化された製品も増えています。

 

今回の目玉商品は、予想通りというか、

やはり、LUMIX GH5 でしょうか。

5軸のDual I.S.2 と、6K PHOTO 機能を搭載し、

すべての構成要素が、最上位機としてふさわしく採用され、

ファームウェアで機能を追加していく計画もあり、

これで2020年までは戦えそうです。

 

1999ドルは微妙な価格ですが、

いわゆる専用のプロ機材とくらべればかなり安いです。

映像を公開する手段も飛躍的に増えているので、

組織に所属しなくても優れた作品を、

世界中に発信できます。

 

本体のみ725gは重たすぎる気もするけど、

4Kフォト60コマ/秒とかの使い方を考えてみると、

デジカメも熱対策を真剣に検討する設計が求められています。

LUMIX DMC-GH4H + LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

の高倍率ズームレンズキットは、

昨年一瞬だけ10万割れで販売されていて、

実質8万程度だったのを鮮明に覚えています。

 

2016~2017年は、飛躍の年にあたるかも知れないので、

これから発表を楽しみに探究していく事にします。