読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAW & JPEG  

昨日の分を読み返したのだけど、

それほど酩酊しているほど錯乱はしてないので、

平常運転の範囲内で収まっている感じです。

むしろ今日、続きを考えてみたところ、

新しい方が詩の朗読になってしまったので自粛します。

 

そんなわけで今日のお題は、RAW & JPEG です。

RAW現像をするしないのことではなくて、

カタログに記載されている撮影可能枚数の方です。

まず謎なのは、FINE/NORMAL/BASIC というやつで、

ここでFINE以外の選択肢は使う人がいるの?

 

続いて、L/M/Sについても、

かなり疑問があるのですが、仮に必要な人がいるなら、

高画素競争など起きるはずもないのでは?

まだ記録メディアが高価だった頃の名残りなのか、

間違って設定した時の方が悲しいです。

 

ブラケット大好き、連射大好きで結構無駄撃ちタイプですが、

電池が無くなって撮影が中断する事が極稀な程度です。

お家の機材では、RAWとJPEGの同時記録でも、

間違いなくバッテリー切れが先になります。

 

長期の旅行ならパソコンを持って行くので、

充電の心配はあっても、メディアの不足は考えないです。

動画を積極的に行う人なら予備も考えるはずだし、

4K/30Pだと、機材の方が悲鳴を上げるの先になりそうです。

 

たぶんこの不思議な気持ちは性格だと思われます。

パソコンにデータ保存するまでは安心できず、

安全を確保したら直ぐにフォーマットして、

バッテリーを充電の状態が完了です。