読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJIFILM X-T20

FUJIFILM デジカメ新製品

今日は富士フイルムの新製品がいっぱいです。

通常の順番は、FUJIFILM GFX から紹介なのですが、

今すぐ購入できるレベルではないので、

リアルに買える商品からスタート!

f:id:Hydrornis:20170119192142j:plain

X-T10 の時は意外と冷たい感じの紹介だった気もするけど、

悪意があって冷たいのではなく、好意があるからうるさいのです。

そんなわけで、サクッと粗さがしを模索したのですが、

4Kもアクロスも搭載されて隙がないです。

 

キタムラの初値が、本体のみ約10万円です。

上のレンズキットが、¥135,594(税込)スタートなので、

夏のボーナスシーズンには、3割引なら9万うん千円の計算です。

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS は、

オマケのキットレンズのレベルを遥かに超越した銘玉

誤解のないように補足してしておきますが、

他社製のファーストキットレンズも、

凄いのですが、見た目の質感が軽そうな設計なだけです。

 

富士フイルムの場合、単焦点が主役の思想なので、

交換レンズの売り上げに影響が少ないと考えている様です。

Xシリーズの単焦点は手ブレ補正がないので、

小型軽量で誰もが綺麗な写真を撮れる唯一のレンズです。

 

話があさってにいったので、X-T20に戻します。

www.fujifilm.co.jp

の、2,3番目の記述を見る限るでは、

上位機種と基本性能は変わらないようなので、

防塵防滴やデュアルスロットとかに興味がない場合、

質量や値段や見た感じの重厚感で選択です。

 

まだ発表の段階なので、他社製品ほど価格差も少ないフジ製品は、

新機種が出ても旧製品(現行の上位モデル)を買い易いです。

かなり贔屓目だけど、二大巨頭のカメラメーカーにくらべても、

それほど安いわけでもないのに、あまり高いと感じない不思議というか

なんとなく、独自のマーケティングのように思えるのです。