読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJIFILM GFX 50S

たぶんよその会社が中判カメラを出しても、

あまり注目されないというか仕事人以外は興味ない世界

なのですが、富士フイルムだと少し違います。

f:id:Hydrornis:20170120001351j:plain

お値段のことはひとまずおいといて、

見た目は正面からに限れば、少しでっかい普通のカメラです。

実際富士フイルムのサイトの仕様比較ボタンを押せば、

X-T2やコンデジと並べてみる事ができます。

 

奥行きは長いけど横幅はわずかに15mmほどの違いで、

撮影時質量約920gなので、フルサイズ一眼レフ機と同じぐらいです。

スペックシートの各項目をくらべる事ができるほど普通の、

撮像素子が大きい特長のあるデジカメなのです。

 

ボディは出たばかりなので、70万級でお高いですが、

レンズはいまのところ、高級なLレンズと同程度になっています。

首から下げてお外で撮影をするのは大変そうに思えるけど、

フィールドがスタジオだとすれば気軽に使えます。

 

100万円以上もする巨大なレンズを持ち出すのは厳しいけど、

これならカメラバック一つで電車に乗っても平気です。

高画質を追求するのは当然の成り行きなので、

このカメラに相応しい場所と被写体はたくさんあります。

 

このブログの注目は、

369万ドットの有機ELビューファインダーと、

3方向チルト式3.2型236万ドットのタッチパネルです。

GFX 50Sは立派なお値段なので、

この辺は惜しげもなく搭載されています。

 

個人で所有するのは難しそうですが、

レンズ構成図の後玉の大きさとか楽しいです。

FUJIFILM GFX 50S + GF120mmF4 R LM OIS WR Macro

使ってみたいです。せっかくの手ブレ補正なので、

縦位置グリップVG-GFX1も装着して、

手持ちで挑戦したいです。