読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい中判カメラ

FUJIFILM 雑談

GFX 50S のEVF非装着は、

あまり格好良く見えないので未発表と思っていたら、

ホットシューカバーがとてもいい感じです。

 

ここの見た目で購入に踏み切る人は少ないでしょうが、

液晶パネルも3方向シフトなので、

かなり年代物の2眼レンズ中判カメラを覗きこむ雰囲気があり、

撮像素子の大きさに近い表示となるので、

わかりやすいです。

 

スタジオだと、直接パソコンに接続もできるので、

クライアント側というかカメラマン以外も、

撮影風景がそのまま見られるのですが、

カメラマンはファインダー越しで撮影をしてるので、

実像から仕上がりをイメージします。

 

これを面白いと感じるのは、

撮像素子が大きくなった事でライブビューが、

そのままポジフィルムと同じようなサイズなったことで、

デジカメ以前の撮影風景に戻ったような感覚です。

 

スタジオフォトは機材を豊富に接続する事で、

リアルタイムに確認するのも楽しいですが、

GFX 50S ならこれ一台あれば屋外の撮影時でも、

中判ポジの雰囲気が味わえます。

 

なんかうまく説明できないのですが、

6×6 カメラの上蓋をパカッと開けて写真を撮る

あの感覚です。普通のチルト式デジカメでもOKなんだけど、

大型センサー搭載だからこそ蘇る心象です。